准看護師の転職で気にするのは正看護師との給料の差

准看護師から正看護師へキャリアアップ

准看護師の転職はこれからもでき、正看護師の求人もみかけますが准看護師から正看護師へキャリアアップは日本看護協会でも推奨されており、准看護師から正看護師になる学校や制度が増えてきたり緩和されてきているのが現状です。
今後正看護師目指す准看護師が増えてくると思われます。

准看護師制度を廃止して正看護師へ一本化

准看護師は全体の7割を40代以上の方が占めており、それを考えれば10年後今の准看護師メイン相の50代の方が次々定年になって准看護師数が減ってくるはず。ですが、高齢化社会が進む日本で介護施設をはじめとした医療機関で働く看護師が必要となり、看護師になるため敷居が低い准看護師の需要が高くなることが見込まれています。
そのためか、そうした状況の中日本の看護の業界は准看護師制度を廃止して正看護師へ一本化しようとしてるのです。そして、日本看護協会が准看護師から正看護師へキャリアアップ奨励してる理由は、今の医療現場で求められるスキルが挙がってきていて、准看護師みたいに安い賃金で雇用できる看護師がいるといった悩みで、看護師業界は看護師価値を高めていきたいわけです。准看護師数が多い医療機関は正看護師との役目分担がしっかりしてる可能性が高く正看護師と変わらない仕事してるのに給料安いということが少ない傾向があってのびのび働きやすいのです。

准看護師の転職について

そしてあなたが正看護師になりたいと思っていれば正看護師資格取得を支援してくれる医療機関を選んでください。そうした勤務先は仕事を理解してバックアップしてくれるはず。そして准看護師が働きやすい勤務先を探す時情報収集が大事になってこうした情報を公開してない期間が多いので、転職かんがえてる方は「ナース人材バンク」や「看護のお仕事」みたいな看護師専門転職紹介会社に登録してみてください。こうした所は医療機関の細かい情報を把握していて、良い情報を教えてくれるはず。また転職有利にさせるためにぜひ検討してみましょう。

准看護師と正看護師の違いとデメリットとメリットについて

准看護師は看護師指示に従い業務することが定められおり准看護師は医師、看護師の指導で看護業務をしていくこととされています。
看護師は医師指導の元、医療行為をして主体的判断で看護にあたります。

患者に対して責任も一緒で准看護師だから責任にくいということはなく、准看護師資格ですが国家資格がある看護師と同じように仕事できるのはメリット。そして、准看護師求人のデメリットですが、自分の判断で活動できないこと。緊急事態でも医師の指示がないと動けなくてむなしさを覚えるはず。また将来的に役職につくことができないでメリットがあって、准看護師に役職なく看護師資格あれば将来看護師長に出世できる可能性もあります。看護師になるには看護学校卒業して試験を受けて合格する必要があって、正看護師、准看護師は一緒ですが、内容、資格の所管が異なるのです。取得までステップが異なる両者ですが、准看護師は保健師助産師看護師方といった法律により看護師の指示に従い業務します。ですが、医療現場は看護師府相が深刻で、業務内容を資格により分けるといったことが難しくて、正看護師も准看護師も結果同じ業務してる現場も多いです。

准看護師平均年収と正看護師平均年収について


そして正看護師平均年収は約450万で、准看護師平均年収は約400万ほど。年間50万ほどの差で、仕事内容は大差ないのですが、給料は年間50万の差が出るのです。また大きな病院で採用枠がありますが准看護師は看護基準を満たせなくて、看護基準は診療報酬とかかわりあって、簡単に言えば正看護師採用する方が診療報酬高くて、病院の利益が上がり、そうした実情もあって看護師、准看護師は募集してる職場が多少違います。そして、看護師不足で正看護師、准看護師業務分担難しいなどの現状を踏まえて准看護師を廃止し看護師一本化にする動きが出ています。10,20代の方は迷わず正看護師への道を進んでもらいたいです。転職の際も正看護師の転職は役だつサポートもあり、准看護師より正看護師求人も手広くあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です