准看護師転職の際に考える正看護師になるメリットとデメリット

准看護師の転職はいろいろあり、正看護師になる道もあります。
また、求人もとても大事ですが、一般に准看護師学校は午後から授業が始まって午前中看護助手として病院勤務のパターンが多いです。

そして午前中仕事をし午後から勉強といったライフスタイルになって心、体も健康でなくては長続きしないでしょう。

准看護師になるメリット


准看護師になるメリットは将来的に安定得られることであり准看護師給料は看護師より低いですがあくまで看護師と比較し鱈で他の仕事に比べると高水準。看護師比較で給料比較しがちでも、資格取得し1つの職場で勤務し続ければ最終的年収は500万以上になったりすることもあるのです。さらに看護師と同じ仕事ができて、看護師資格、准看護師資格に区分されていますが、具体的仕事内容はほぼ一緒

准看護師になるデメリット

そしてデメリットですが、自己判断で看護業務出来ない点。医師のサポートするのが准看護師の立場であり何か行動起こす時は医師の指示が必要となります。さらに役職につけなくて、看護師なら出世ができますが、准看護師は何やっても勤続年数関係なく准看護師のまま。
准看護師年齢層はどうして高いのかと言えば、正看護師を目指す学生増えたからで女性の高校への進学率低い時代准看護師は人気があって中学卒業するとすぐ准看護師養成学校に入れましたが。最近高校卒業するのが一般的で看護師なりたい方は高校卒業して看護学校、大学看護科に行って正看護師目指すことが主流に。なので准看護師目指す学生が大幅に減って年齢層が上がったのです。

日本看護協会は准看護師を看護師へ一本化してしまうのは時間の問題

そして日本看護協会は准看護師を看護師へ一本化しようといった提案をしてます。准看護師は正看護師からの指示で仕事をして、サポート的立場となります。正看護師免許は厚生労働大臣発行の国家資格ですが、准看護師免許は都道府県知事発行のもの。なので国家資格ではありません。

准看護師免許は本籍地の都道府県が変わらないと、どこに引っ越しても使えて、変更あっても書き換え手続すれば問題ないです。
また准看護師平均給料は29万6319円で、正看護師は35万2157円となっていて、その差は6万ですが、年間なら67万以上となるのです。

准看護師は中学卒業して准看護師養成所に2年通うのが最短ルートにあって、17歳から働けてしまいます。学費は准看護師養成所の平均額費が年間55万で、2年計算なら110万の費用がかかるのです。

准看護師から看護師になるため学費の平均は年間84万で3年計算なら252万

正看護師になるため学費は看護学校の平均的学費が年間84万で3年計算なら252万の費用が掛かるのです。

准看護師になるには養成所を卒業しておく必要があって、養成所は中学卒業してるだけで受験資格がありますが、年々養成所が減ってきて、あなたが通える範囲に養成所があるのかは各看護協会に問い合わせをしましょう。今准看護師約4割が病院、3割が診療所などで働き、正看護師勤務先は約7割が病院と断トツです。その他が診療所、クリニックなど。准看護師多いクリニックは正看護師、准看護師区別なく採用していたりして、そうした勤務先は日勤のみの勤務スタイル中心で無理がない働き方できるメリットがあります。そして、准看護師、看護師の違いなど説明しましたが、准看護師は正看護師より給料低い、専門資格へスキルアップがスムーズでないでメリットがありますが、資格免許を取るまで期間が短い、学費が安いといった点がメリットです。

准看護師から看護師へキャリアアップの方法

准看護師から看護師へキャリアアップの方法があり、准看護師で8年以上働いており、看護師学校養成所2年過程で学んで看護師国家試験に受かり看護師免許を取ることです。通学性を選ぶメリットは学校授業を強制的に受け勉強時間を確保可能なことで、国家試験合格率9割と高い傾向に。そして通学生の更なるメリットに一緒に学ぶ仲間ができる点で。励まし合って国家試験を目指せるのでとても心強いものです。

 准看護師の転職や正看護師になることについて紹介しました。求人も見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です