助産師の転職のメリットはたくさんある

助産師の転職で気になる働く職場環境について

助産師の転職は求人も見かけますが、産婦人科の仕事の特徴を語るとき大事になるのは産婦人科自体の減少です。産婦人科減少してるのは少子化など出産件数減ってるのも原因ですが、出産に関し訴訟が増えてるのも産婦人科減ってる一因。医療発達した日本は出産=安全なものといった認識が広がって檻出産時何かトラブルあれば訴訟になりやすいのです。

一般的内科や外科は看護仕事するのは看護師か准看護師で、産婦人科は助産師もはたらいており業務の違いをはっきりさせてる病院もあればあいまいだったりするところもあります。産婦人科は出産する妊婦のための場所というイメージあるでしょうが、実際いろいろ患者がいるのです。産科だけで妊婦以外に不妊治療する方がいて婦人科は月経に関してや子宮筋腫など疾患や卵巣がんも扱い産婦人科は10代の若者から80代まで患者の年齢層は実は広いといったことが産婦人科で看護する特徴があるのです。

助産師が産婦人科で働くメリット

産婦人科メリットは生命誕生にかかわることができることで普通の診療科は病気、けがをかかえる患者と接して看取りすることがありますが産婦人科は新たな生命誕生といった神秘的で前向きなのにかかわれます。患者は精神的悩みを抱えてそれを家族に相談できないことも少なくないです。そうした患者にたいし産婦人科の看護師は同じ女性として精神的ケアをする必要があるのです。

産婦人科は一緒に働く助産師がキャリアアップの道の1つとなり、ほかには母性看護専門看護師などキャリアアップへ具体的道があって目標を明確化できるメリットがあるのです。

看護師が産婦人科に転職するメリット

看護師が産婦人科に転職するメリットですが、流産や死産、障害を持って生まれてくることもあって命の誕生にかかわりたいといった一面ばかり見て転職すれば辛い現実を受け入れられなくてショック受けることになるでしょう。産婦人科は不妊に悩む方や切迫早産で絶対安静で長期入院することになる方など問題抱えてる方がたくさんいて、そうした方の精神的看護することにやりがい感じてることもあります。

しかし、反対に流産や死産、障害を持って生まれてくる母親に対してのケアで気疲れしてしまうことがあるといったデメリットもあります。妊娠出産望む女性は多いですが、看護師も例外なく若い看護師が産婦人科で働くと妊娠出産の知識を身に着けられるのです。将来、子を産みたいと思ってる方は産婦人科で働いてみれば出産の知識を身につけられて不安を減らせることでしょう。

そして、業務の区別ですが、助産師、看護師の業務区別は明確なところもあればあいまいだったりすることも。最近分娩取り扱う病院中LDRあるのは当たり前、病室はホテルみたいな豪華できれいなところが増えており、そうしたところは給料高い傾向がありますが、接遇を厳しくし指導されたり一般的病院と雰囲気が異なります。

新たな職場で新たなことを覚えるには苦労いりますがよいこともあって、こうした指導もあるのか、対象とゆっくりかかわれるようになったなど新たな発見を見いだせるケースがあります。

助産師の活躍の場は病院以外に病院退職しても助産師は地域で活躍でいて、正規雇用でなくても市町村契約して新生児訪問など運営にかかわれることがあります。

病院分娩室は手術室みたいなのかといったイメージがあるでしょうが、ドラマで見るものは殺風景だったりしまうが、今は柔らかいイメージですごせるところが病院でも多く見られて、院内助産院とまったく違って助産院みたいな自然は出産のイメージが当てはまったりします。

出産は基本薬など利用しないで産婦のペースを尊重したスタイルで出産へ望めるのです。異常になるのではといったサインを見つけ助産師が医師に報告し支持仰ぐのが普通の病院など連携の方法となって、院内助産院は基本助産師メインの妊婦健診ですが、たまに医師の診察を受けることもあります。どんな正常な経過たどっても必ずしも最後まで正常とは限らないこともあるのです。助産師はしっかり責任と知識を持っておく必要があります。

助産師の転職で求人を探す際や助産師になろうかと考えている方の参考になればかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です