看護師が転職する際に考えたい夜勤のデメリット

病棟看護師には夜勤つきものといったことを考えてみると夜勤できない看護師はどこか王道から外れてしまってる様なプレッシャーを与えかねません。

ここでは看護師が転職する際に考えたい夜勤のデメリットについて紹介していきます。

看護師が転職する際に考えたい夜勤のデメリット


・夜勤によるサーカディアンリズムの変化を強く受ける方には勤務交代制はつらいものです。朝に寝るといった習慣がなくて眠れないためで、そうしたつかれが取れないまま日々過ごして疲労が蓄積することになります。

・体力的に問題なくても子育て、配偶者などの生活バランスを考えて夜出かけるのが物理的困難だったりします。家庭、仕事を両立できればそれに越したことありませんが、周囲の理解も必要です。
➡︎夜勤帯は十分なサポート体制があるのではなく、それをしっかり理解して夜勤の人員編成されていますが、時々夜勤についてもらうには余りにリスクが大きいと判断せざる得ないような方もいます。
家庭との両立が困難な方は、一定期間外来で日勤帯のみ勤務に移るのが一般的で、外来に勤務しながら家庭生活を一定パターンに保って、それと一緒に周囲の理解求めるように働きかけて病棟に戻る調整をします。
能力的に夜勤できない方に対して多くは日勤業務の流れが大体わかるようになったころを見計らい、夜勤シフトがちょっとずつ組み込まれていきます。

・夜勤は夜型の方にとって楽ではなく誰にとっても難しい勤務帯であり、身体的につらいことを言い訳に使えません。そうした言い分を管理者はそうですかと聞いて、どうぞやすんでと言おうものなら、夜勤する人がいなくなります。
➡︎辛い夜勤はみな交代でしているので自分だけ辛いと叫んでも身体症状が出ない限り誰も相手してくれないのです。
➡︎夜勤務が身体に負担かけてるのは火を見るより明らかで、ちょっとでもそれを抑えるための提案がなされていて、目を引くのは1982年提案されたルーチンフランツの9原則で、夜勤負担軽減、家庭生活の不利益是正含めた指針を打ち出してる点で、夜勤するものに助けになりそうではありそうです。しかし、実際の現場では難しいことも多々あるのが現状です。
・日勤でも”8時半日勤始まる”といっても”1時間近く前”から情報集めのため集まる看護師たちですので夜勤入りもはやい施設もあるのでそれも含めてしまうと夜勤の負担は大きいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です